気がつくとイライラ…心の栄養学入門

 

自分の本来の資質を覚醒し磨く
NatureForceアーユルヴェーダ
セラピストの遠藤由紀です。

 

気がつくといつもイライラしてる…。
なにもやる気が起きなくて
前向きになれない。

 

体も弱いのか、
風邪もひきやすい。

 

こんな体質なのかしら…?

イライラするのも性格だもん
仕方ないよね。

 

って本当に?

 

アーユルヴェーダは生命の科学。

免疫力の低さや体力の低下、
精神的な憂鬱状態には
オージャスという活力素不足と考えます。

 

アーユルヴェーダには
チャラカサンヒターという古典があるのですが、
その中の一節をご紹介しますね!

===============

いつもビクビクし、体力がなくなり
物思いに沈み、感覚器官が不快で、
顔色が悪くなり、気分が優れず、
身体が乾燥し疲労する。

===============

オージャス(活力素)不足の人の特徴として
古典書に記されています。

 

目では見えないオージャス。
心臓に7滴溜まっていると言われます。

 

なんだかファンタジーですね!

 

このオージャスが心臓から体の隅々に
行き渡って、生命が維持される。
とも言われているんです。

 

この活力素、オージャスがいつも
満タンでキラキラしていれば
活力溢れる!と、いうわけです。

 

では、どうしたらオージャスが作れるの?

 

それは私たちが日々食べるものから作られます。

食べ物が消化・吸収され
身体の組織に栄養が行き渡った後に
オージャスが作られるんです。

 

 

なぜオージャス不足になるの?

過度な運動や
無理な食事制限、

心配や恐れ、不安や悲しみなどのストレス

 

乾燥しすぎた食事の取りすぎ

カフェイン・アルコールの取りすぎ

睡眠不足や生活リズムの乱れ

加齢

などなど他にもあるのですが。

 

オージャスを高める秘訣

適度な運動

生理現象(尿意・便意など)を我慢しない

質の良い睡眠をとる

白湯を飲む

湯船に浸かる

オイルマッサージ

ヨーガ

深呼吸や瞑想

 

==============

一般的に健康そう!!
と思われるようなライフスタイルを
送りましょう!

と、いう内容になってしまうのですが。

 

一番伝えたいのは
心と体はリンクしているので

 

身体の健康を取ることで
心も元気になりますよ!

 

ということ^^

 

celebrate-954794_960_720.jpg

 

そのくらい食べ物って大切!

 

何を選んで食べるのか?

体は何を欲しているのか?

 

味は6味あります。

甘・辛・酸・塩・苦・渋

 

私がサロンでお客様の体質改善で
お伝えしている食事改革は
全てこの味と質でアドバイスさせていただいてます。

 

季節の食べ物の中から味と質で
自分の体質に合ったものを中心に
食べていただくのです。

 

そうすると

 

 

IMG_3977.JPG

こんな風に3ヶ月弱で身体が変わります。

 

今まで溜め込んでいたもの。

 

老廃物や毒素の元になるのは食べ物。

体質に合わせた食事を
知らなかった。

 

身体が重い。
体型も元に戻らない。

まぁ、いっか。。。
こんなもんか。。。

 

と、自己否定。

 

そんな風に悩んでいたら、
オージャス増やしましょ!

心と体、両方元気を取り戻せます♡